サロンコンサートシリーズVol.Ⅶはお陰様で無事に終了いたしました。

満員のお客様にいらして頂き、お陰様でサロンコンサートシリーズVol.Ⅶも無事終了いたしました。ありがとうございました。

今回は、ベートーヴェン、フランクの2つのソナタを演奏して体力的にも大変でしたが、

沢山の皆さまに聴いていただけてまた喜んで頂けた様子にとても幸せなひと時となりました。ピアノの後藤泉さんのピアノソロ演奏もトークと共にいつもと変わらず素敵でドビュッシーの「沈める寺」に皆様、聴き入っていました。

今回は、クライスラーの「プロヴァンスの朝の歌」~クープランの様式による~、に始まり、ベートーヴェン、チャイコフスキー、ドビュッシー、フランクと最後のアンコールはエルガーの「朝の歌」まで、17世紀の作曲家クープランの様式から20世紀のエルガーまで時代を追うような形でプログラムを進めてみました。タイムスリップしたような時の流れも感じて頂けたら嬉しいです。

    最新記事