サロンコンサートシリーズVol.Ⅻ開催のお知らせ



日に日に秋が深まる季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

11月23日(火・祝)15時よりサロンコンサートシリーズVol.Ⅶを開催する運びとなりましたので、

お知らせいたします。


お陰様でサロンコンサートシリーズも第12回目となり、昨年はアウローラミュージックサロン5周年も

迎えることができました。いつもご来場くださる皆さまには心より感謝申し上げます。

ピアニストは、第1回のサロンコンサートから共演を重ね、秋のコンサートではお馴染みの後藤泉さんです。昨年は、ベートーヴェン生誕250年の節目の年でもありました。コロナ禍という現代の人類が

経験したことのない大変な世の中で、ベートーヴェンの想像を超える苦悩の中から生まれた音楽には

励まされ、勇気と希望も与えられてきたように思います。後藤泉さんはライフワークとしてベートーヴェンの作品を演奏されていて、私自身もベートーヴェンのヴァイオリンとピアノの為のソナタゼン0曲の演奏を一昨年終えました。今回のプログラムには、ベートーヴェンのヴァイオリンとピアノの為のソナタから私自身も改めて彼の作品と始めから向き合いたいとの思いもあり、若々しいエネルギに満ちた初期の作品第1番、そしてフランスの19世紀ロマン派から20世紀初頭にかけ活躍し、詩をもとに魅力的な歌曲や室内楽作品を多く作曲したフォーレが30代で作曲したヴァイオリンとピアノの為のソナタ第1番と小品、日本を代表する現代作曲家の武満徹のシュルレアリズムの詩をもとに作曲された「妖精の距離」、今年生誕100年を迎えたアルゼンチンのバンドネオン奏者でもあるピアソラの「リベルタンゴ」、そしてウィーンで活躍したヴァイオリニスト、クライスラーの小品ら様々な個性豊かな作曲家達の作品をお届けいたします。


コロナ禍で何かと不自由を感じる毎日ですが、しばし忘れ、皆さまと音楽と共に心豊かなひと時を過ごせましたら嬉しく思います。


皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

                                           



    最新記事